銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

もう一度読みたい


先月号の中で、反響の大きかった記事を毎回とりあげます。「銀座百点」は、その他にも銀座のかおりが漂う記事がたくさんあります。興味をもたれた方は、是非、定期購読をご検討ください。

2017年5月号より

新橋ことば覚え書き

其之二 あんもん

 岩下 尚史


良(よ)い芸者と云うものは、附下(つけさげ)の座敷着よりも一際(ひときわ)、ふだんの稽古着に妙を見せるものらしい。

塩沢の紬(つむぎ)、大島絣、結城織などの高(たか)調子な華美(はで)を戒め、くすみてしとやかな堅い着物が選ばれる。

これに塩瀬の染帯をきちりしゃんと締め、芸の師匠の前に額突(ぬかづ)く名妓の姿と心はうるわしい。

私の見た新橋の妓(ひと)たちが結ぶお太鼓には、高久空木(たかくくうぼく)えがく蘭や薔薇がすらりと染められたものが多かった。何がなしキュビズムの影響さえ感じられる、その淡薄瀟洒(たんぱくしょうしゃ)なところ、いかにも銀座好みと云う気がしたものである。


続きをご覧になりたい方は、お取り寄せをおすすめいたします。
※銀座百点は1冊からでもご購入が可能です。
お申し込み方法は、切手にて1冊348円として、ご希望の号・部数・お名前・ご住所をご記入の後、代金分の切手を同封の上、下記の宛先までお送り下さい。ただし切手は500円以下のものをご利用下さい。
送付先 〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目8番20号 銀座コアビル8階
お問い合わせ TEL:03-3571-6860

このページのTOP

HOME目次読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2017 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会