銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

■GINZA拝見


今月号に掲載されている記事です。銀座にいらした際には、是非、お立ち寄りください。
「銀座百点」は、その他にも銀座のかおりが漂う記事がたくさんあります。興味をもたれた方は、是非、定期購読をご検討ください。

銀座 天一
銀座6-6-5
銀座 天一

ビルの建て替えを経(へ)て、七月四日に三年ぶり、待望のグランドオープンを迎えた銀座天一。並木通り沿いにある本店は、六十余年もの歴史を誇ります。

新店舗を彩るテーマカラーは朱色と金色。天一らしい落ち着いた華やかさが醸し出されています。地下一階は、創業者・矢吹勇雄が自ら意匠を凝らしたという、開店以来の店を再現したクラシックな雰囲気。建て替え前の照明や柱の素材を生かし、写真の掘座卓の席も、以前とほぼ同じつくりです。地下二階は、がらりと変わって白を基調とした明るく現代的なデザイン。カウンター十二席、テーブル十席で、貸し切りのパーティーも可能です。

親子三代で通う常連客をはじめ、海外からのゲストなど幅広い客層に合わせ、ゆったりくつろいでほしいというコンセプトを持つ天一。

天ぷらの極意としては、熟練の技と上質な揚げ油、鮮度のいい江戸前のタネ。本店には、この道数十年の腕利(うでき)きの職人が揃(そろ)い、担当を指名する人もいるとか。さっくりとして旨味(うまみ)のある衣が包むタネは、海老や穴子といった伝統的な旬の海産物、野菜を中心に、鯛の昆布締めなど新たな試みも。九月には、鮑(あわび)やアオリイカ、きのこ、ししとう、新銀杏などが旬を迎え、半ばに入ると松茸も登場します。

ランチとディナーは各三コースあり、ランチは「月」、ディナーは「桃」のコースがおすすめとのこと。「月」は、天ぷら十品に小鉢、和風サラダ、御飯、赤だし、お新香、果物という充実したメニュー。「桃」は、天ぷら十二品となり、さらにお刺身もつきます。ランチの天丼も人気です。

また、天一では、天ぷらに合わせる酒として、創業以来ワインに力を入れており、ワインセラーには、年代物の貴重なワインをはじめ、充実した銘柄が揃っています。ソムリエも常駐しているので、天ぷらとワインのマリアージュを楽しめます。

群馬県の谷川温泉に天一美術館を所有し、美術品への造詣も深い天一。店内にはさりげなく一流の絵画や陶磁器などが飾られ、地下一階の川喜田半泥子がしたためたという手紙からは、創業者と知人との交流が、楽しげな雰囲気で伝わってきます。

「食を通じて日本文化の真髄にもふれていただきたい」とは、四代目となる代表取締役・専務の矢吹友一さん。

懐かしくも一新された店は、奥深い魅力にあふれています。

コージアトリエ
銀座6-5-1
コージアトリエ

コージアトリエはオートクチュールの専門店として、今年五十周年を迎えます。オートクチュールとはフルオーダーで仕立てる女性向けの高級な洋服のこと。代表取締役社長兼エグゼクティブデザイナーの渡辺弘二さんは、ロンドンでデザインや裁断・縫製技術を学び、パリで修業し、一九七二年に日本ではめずらしかったオートクチュールのアトリエを銀座に開きました。

就職や結婚、子どもの入学式など、人生の節目にあつらえるイメージがあるオートクチュール。加えて最近は、以前仕立てた服を娘に譲りたいなど、リメイクを依頼する人も多いとか。

「創立時からのお客さま、そしてそのお嬢さんやお孫さんまで、多世代にわたって大切な日の装いをお手伝いできる喜びをかみしめています」

創業デザイナーの弘二さんが大切にしているのは、クラシカルなスタイルを基本に、オリジナリティーを加味すること。顧客との対話から、ニーズに合致し自信をもって着用できるデザインをベースにしつつ〝時代の少し先〟を提案します。

弘二さんが築いてきた伝統を継ぐのは、長女でデザイナーの陽子さん。働く女性、そして母としての経験をいかし、マタニティ向けの服や、子どもの受験や保護者会などに最適なスタイルを提案。紳士のスーツや子ども服も手がけ、家族でカラーや素材をそろえたコーディネートも可能です。女性ならではの感性で、ライフステージに応じて変化するニーズに寄り添い、オートクチュールの新時代を担います。

オーダーメードの楽しみを知ってもらいたいと、フルオーダー以外にも豊富な選択肢を用意。サンプルからデザインを選び、自分にフィットしたサイズで仕立てられる「ヌーベルクチュール」や、デザイン・サイズともにサンプルから選べる、より気軽な「プレタクチュール」などがあります。

環境にも配慮しています。もともとオートクチュールは、顧客の希望に合わせて一着ずつ製作するため無駄が少ないのが特徴。良質な生地を用いるためリメイクして長く愛用もできます。最近では素材も自然保護や動物愛護の視点から、環境への負荷が少ないものを厳選しています。

九月十六日・十七日は五十周年記念の秋冬の新作発表会を開催。パーティーシーズンの十二月には華やかなファッションショーも予定しています。

(撮影:大森ひろすけ)



※銀座百点は1冊からでもご購入が可能です。(1冊 354円、2冊 645円、3冊 944円 ※すべて送料・消費税込の価格です)
●郵便局から郵便振替用紙(振替 00180-1-22717 協同組合銀座百店会)で代金をお振込みください。
※通信欄に、お名前、ご住所、お電話番号、ご希望の号、部数をご記入ください。
●ご入金確認次第、本誌を送付いたします。
●お問い合わせ TEL 03-3571-6860

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2022 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会