銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

■GINZA拝見


今月号に掲載されている記事です。銀座にいらした際には、是非、お立ち寄りください。
「銀座百点」は、その他にも銀座のかおりが漂う記事がたくさんあります。興味をもたれた方は、是非、定期購読をご検討ください。

トラヤ帽子店
銀座2-6-5
トラヤ帽子店

大正六年、トラヤ帽子店は神田神保町で開店しました。銀座に出店したのは、昭和五年のこと。かつては学生もサラリーマンも、みな帽子をかぶるのがお決まりのスタイルでした。

「大学を卒業して社会に出るときにみんな買いに来ますから、店は大忙しだったようですね。そのころの学生たちは年上に見られたいという人が多かったんです。コートを着てソフト帽をかぶれば、どこへ遊びに行っても恥ずかしくありません。帽子は『大人』を演出してくれるアイテムだったんですね」

そう語るのは、店長の藤原英晃氏です。だれもが制服のように決まって着用していた時代とは違い、今はかぶり慣れていない人もいることでしょう。「自分に似合う帽子」をどう見つければよいのか、聞きました。

「帽子を合わせたい服装でお越しいただき、『わたしに似合う帽子はどれですか?』とぜひ相談してください。ふだんの服装などをうかがって、頭の形やサイズも確認しながら、お似合いのものをご提案します」

お店では、頭の形、サイズに合わせて帽子を調整し、かぶり方も教えてくれます。着こなすためになにより重要なことが、かぶり方だそう。

「深めにかぶり、少し斜めにする。眉が見えるか見えないかくらい、深くかぶるのがコツです。横から見たときに、前と後ろのつばが水平になるように。そうすると顔が小さく見えますよ。浅めにかぶる若い方も多いですが、子どもみたいに見えてしまいます」

人気商品は、いわずと知れたイタリアのボルサリーノ。世界じゅうの男性たちの憧れと藤原店長はいいます。

「古くは『ボルサリーノ』という映画もあるくらいですから。帽子をかっこよくかぶるアラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが登場するギャング映画です。映画で帽子姿に憧れて、お求めになる方は多いですね。『インディ・ジョーンズ』シリーズも公開のたびに、ずいぶんいらっしゃいました」

店内には、ボルサリーノの上質な帽子が豊富に並びます。これからの季節に取り入れたいフェルト帽は、柔らかなウサギの毛を使用したものが中心です。ビーバーの毛を使ったものもあり、耐水性に優れ、なめらかな質感でおすすめだとか。女性に合うサイズや、カラフルな商品も取り揃(そろ)えています。

往年の名俳優のように帽子を粋にかぶり、秋の銀座を闊歩(かっぽ)してみませんか。

ユニクロ
銀座6-9-5
ユニクロ

六丁目のユニクロ銀座店、三丁目のUNIQLO TOKYO、銀座には二軒のユニクログローバル旗艦店があります。銀座店はビル全体が売り場で、全ラインアップがそろいます(オンライン限定品を除く)。カテゴリー別のフロア構成で、アイテムを見つけやすいのが特色。十二階は最新コレクションの紹介コーナーで、トレンドをいち早くチェックしたい人々でにぎわっています。

今年六月にオープンしたUNIQLO TOKYOは一〜四階を吹き抜けが貫き、売り場以外にも製品のリユースなど企業としての取り組みも紹介しています。写真は四階のUTMe!×AMAZING GINZAのコーナー。UTMe!は、デザインした絵や画像をTシャツやトートバッグにプリントできるサービス。そのUTMe!と全銀座会がコラボレーションし、銀座の店舗のロゴ入りアイテムを販売。売り上げの一部は全銀座会の収益として活動に役立てられる新しい形の地域貢献です。参加店舗は、鳩居堂、銀座伊東屋、銀座越後屋、銀座千疋屋、銀座タニザワ、銀座夏野、銀座松煎餅、空也、つばめグリル、南蛮銀圓亭、丸江藤屋、ミワ、安田松慶堂など二十店と一団体で、各店舗での販売も開始しました。

ユニクロは夏のエアリズム、冬のヒートテックというインナーにより、日本のファッションに革命を起こしました。これからの季節の必需品、ヒートテックは年々進化しているのをご存じですか。通常品、極暖(一・五倍の暖かさ)・超極暖(二・二五倍の暖かさ)の三種類があり、その人のライフスタイルに応じて使い分けができます。ヒートテックといえばインナーというイメージをくつがえし、トップスやパンツなどのアウターも増えました。

「外は寒くても、建物内は暖房が効いていることも多いですよね。そんなときはインナーにエアリズム、アウターにヒートテックを着るといいですよ」

笑顔で教えてくれたのは、サービスマネージャーの中野加奈さん。銀座の二店舗にはサービススタッフを配置し、来店客の声を聞いているとか。顧客のニーズをもとに、最近のユニクロでは前あきインナーを発表しました。病気やケガなど、かぶる形のインナーを着用しにくいという医療現場の人たちの声から生まれた新商品で、現在はオンライン限定で販売しています。

ユニバーサルでユニーク、そして時代のニーズに応えるユニクロです。

(撮影:大森ひろすけ)



※銀座百点は1冊からでもご購入が可能です。
お申し込み方法は、切手にて1冊354円として、ご希望の号・部数・お名前・ご住所をご記入の後、代金分の切手を同封の上、下記の宛先までお送り下さい。ただし切手は500円以下のものをご利用下さい。
送付先 〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目8番20号 銀座コアビル8階
お問い合わせ TEL:03-3571-6860

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2020 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会