銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

■GINZA拝見


今月号に掲載されている記事です。銀座にいらした際には、是非、お立ち寄りください。
「銀座百点」は、その他にも銀座のかおりが漂う記事がたくさんあります。興味をもたれた方は、是非、定期購読をご検討ください。

田屋
銀座4-6-17
田屋

四丁目銀座通り、シルバーに輝く外壁が印象的な、紳士洋品店の田屋。季節ごとに入れ替わる、楽しげなウインドーディスプレーに誘われるように店内へ進むと、目に飛び込んでくるのは、色とりどりのネクタイが整然と天井まで並ぶ、写真の棚。博物館のような重厚感をイメージしているのだとか。

モダンな店構えですが、その歴史は古く、明治十八年に銀座一丁目で創業した、西洋小間物の店が、明治三十八年に現在の地に出店したのがルーツ。その後、いち早く国産ネクタイの生産に着手したことから、“ネクタイの田屋”として定評を得てきました。

平成元年には、絹織物の街として知られる山形県米沢市に「田屋織物工房」を設立しました。銀座本店に並ぶネクタイは、すべてこの自社工房で、熟練の職人の手によって生産されています。

「デザインから生産、販売までを一貫して手がけることで、お客さまの声に柔軟に応えることができます」とは専務取締役の梶原都美江さんです。

最高級のシルクを使って織るネクタイの生地は、光沢をまとい、柄に立体感があります。加えて、通常使われる糸の半分ほどの太さの、極細糸を使用。生地の密度が高くなることで、しなやかさが増し、ハリがあって型くずれしにくい、締めやすいネクタイに仕上がります。

デザインは、社内のデザイナーが考案しています。大切にしているのは“遊び心”。顧客のリクエストを積極的に取り入れた結果、柄のモチーフは動物や季節の花、スポーツ、乗りもの、数式、日本文化などあらゆる分野に及びます。いっぽう、無地やストライプなど、スタンダードな柄にも、田屋の技術が光ります。一寸(三・〇三センチ)間に七百本以上もの糸を打ち込む“エレット700”の「アロー」は、彩度の近い同系色を織り合わせたネクタイ。一見すると無地ですが、締めてみると生地の贅沢さが際立つ逸品です。

「カスタムオーダーで、今年誕生した『日本酒―Sake―』が人気です。酒瓶が並ぶ柄で、ラベル部分に、好きな名前を入れることができますよ」と梶原さん。酒造メーカーの人にも好評で、お酒が好きな人へのプレゼントにもぴったりです。

自社工房製の生地を使った、オリジナルのシルクシャツやジャケットも、田屋の品質の高さを証明する品です。

襟元からトータルファッションを整え、新しい年を迎えましょう。

銀座テーラー
銀座5-5-16
銀座テーラー

並木通り五丁目に店を構える銀座テーラー。オーダーメイド紳士服の専門店として、一九三五年に鰐渕正志さんが創業しました。その伝統を受け継ぐのは、鰐渕さんの孫に当たる四代目・小倉祥子社長。顧客リストには、ビジネスシーンの第一線で活躍する経営者や駐日各国大使などが名を連ねます。

扱うのはフルオーダーとイージーオーダーの二種類。フルオーダーでは、完成度の高さを追求するために、一着を一人の職人が担当し、型紙をつくるところから裁断、縫製まで手仕事で仕上げます。スーツ一着につき七十時間ほどかけて丸縫いするため、年間六百着の生産とあって価値ある一着です。

二〇一六年に、銀座テーラーから誕生した、イージーオーダーブランド「CLOTHO(クロト)」では短時間かつ抑えた価格で好みのスーツが手に入ります。

また、婦人服も手がけています。写真で小倉社長自ら身に着けているフルオーダーに加えて、来秋からイージーオーダーを新たに始動する予定です。

銀座テーラーの特長は、卓越した技術力です。五〇年代には、オーダーメイド紳士服業界の栄誉である「高松宮技術奨励賞」をスーツ部門とモーニング部門で受賞。伝統的な技術を継承する職人が、常に最新の技術に挑戦しており、現在主流である軽量で扱いが難しい生地にも柔軟に対応しています。

また未来に向けて、SDGs(持続可能な開発目標)を意識したものづくりにも取り組んでいます。その第一弾が、百八十年の歴史を持つフランスの高級服地商社・ドーメルと共同開発した生地「PLANETS(プラネット)」。地球を惑星の一つと考え、すべての生命にとって持続可能な世界を目指すという願いを込めて名づけられました。動物福祉に配慮し、羊と蚕(かいこ)への負荷が少ない方法で、生地の素材であるウールとシルクを生産。また、生地が手元に届くまでのトレーサビリティ(流通経路を追跡・確認できる状態)にも力を入れています。「PLANETS」は、フルオーダーとイージーオーダーのいずれでも注文可能です。色は写真中央、トルソーのネイビーのほかにグレーがあり、各限定十五着で販売。好評につき、来年ライトネイビーも加わる予定です。

自社ビル上階のアトリエでは、次世代の職人たちが腕を磨いており、未来を担う人材をも育成しているのです。

テーラーのみならず、地球全体の未来を見据えて進む一軒です。

(撮影:大森ひろすけ)



※銀座百点は1冊からでもご購入が可能です。(1冊 354円、2冊 645円、3冊 944円 ※すべて送料・消費税込の価格です)
●郵便局から郵便振替用紙(振替 00180-1-22717 協同組合銀座百店会)で代金をお振込みください。
※通信欄に、お名前、ご住所、お電話番号、ご希望の号、部数をご記入ください。
●ご入金確認次第、本誌を送付いたします。
●お問い合わせ TEL 03-3571-6860

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2022 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会