銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

■GINZA拝見


今月号に掲載されている記事です。銀座にいらした際には、是非、お立ち寄りください。
「銀座百点」は、その他にも銀座のかおりが漂う記事がたくさんあります。興味をもたれた方は、是非、定期購読をご検討ください。

文祥堂
銀座3-4-12
文祥堂

“文”の意匠を染めたのれん、中央通りと書かれた通路、奥には卓球台――

「え! ここは文祥堂ですか?」

来客には驚かれるとか。

オフィスの総合商社・文祥堂は九月に本社四階をリニューアルし、ショールームを兼ねたオフィスをオープンしました。その名も、BUNSHODO Ginza Brand-new Office、通称、銀ブラ。銀座の街をモチーフに、オフィスをデザインしたとか。働き方を顧客に公開しながら、理想のワークスペースを探求しています。

リニューアルにあたっては、ABW(Activity Based Working)を導入。当日の業務内容に合わせて、ワーカー自身がデスクや作業スペースを自由に選ぶスタイルです。オフィス環境に求めることを経営陣や社員にヒアリングしたところ、「他部門の社員とも交流を促したい」、「モチベーションが上がる環境がいい」、「遊び心もほしい」などの意見が。それらを統合した上で、多様な人が行きかう銀座のようなオフィスデザインを目指しました。

四階フロアに在籍する社員は、業務部門、営業部門、各部門長。デスクワークが中心の業務部門は作業効率を考え唯一の固定席ですが、仕切り壁を低めに設定し他部門との連帯感を持たせました。長時間座っての作業のため通常より大きめのデスク、三部門の中で最高品質のイスを採用。その結果、業務部門エリアは“ファーストクラス”との愛称がつきました。

ABWをもっとも活用しているのは営業部門。採光のいい窓際のカウンター席や、打ち合わせに最適なテーブル席、プレゼンテーションブースやミーティングルームなど、業務に合わせてスペースを使い分けられます。部門長エリアは中央に位置し、ヒエラルキーを感じさせないよう、円形でスケルトン仕様のブースに。三つのエリアは中央通りによって結ばれ、柱のあちこちには銀座の街路樹をモチーフにしたシンボルが彩りを添えています。

リニューアル後、社員からは「人が集まるようになった」、「会話量が増えた」との意見が寄せられたとか。

「コミュニケーションを活発化させるより、阻(はば)むものを取り除く方向性でデザインしました。居心地がいいオフィスでは、自然と会話もはずむものですね」とは、プロジェクトを担当した事業戦略本部の山川知則課長。

文祥堂流、銀ブラオフィスで働きたい人の数、急増中です。

ギンザタナカ
銀座1-7-7
ギンザタナカ

ギンザタナカは、一八九二年の創業以来、上質な貴金属商品を提供し続けてきました。資産としての地金(じがね)、金の工芸品、ゴールドやプラチナのジュエリーなどを取りそろえています。

一階は今秋リニューアルしたばかり。銀座通りからも写真のように店内がよく見えます。「ゴールドを、もっと自由に。」というコンセプトのもと、より多くの人に、貴金属に親しんでもらうきっかけを提供すべく、初来店の方も入りやすいエントランスに、店内も白い大理石を基調に、明るく生まれ変わりました。

まず目を奪われるのは、写真手前のゴールドの山。純度九九・九九パーセントと、品質の高さは折り紙つきの金地金とコインです。金地金には、ロンドン地金市場協会の公認マークが刻印されています。コインは、八百余年の伝統を持つオーストリア造幣局が発行し、同政府が品質を保証する法定通貨。子どもが生まれた年から、毎年一枚ずつ購入し続け、二十歳や結婚の記念にプレゼントする方もいるとか。コインの表にはウィーン楽友協会の黄金の間のパイプオルガン、裏にはウィーンホルンなどの管弦楽器のレリーフが施されていることから、音楽好きにはペンダントトップとしても人気です。

店舗リニューアルを記念して発売したのは「純金オブジェコレクション」です。“穣(みのり)”をテーマにしたシリーズは、コーヒー豆、枝豆、栗などの植物、野菜、穀物をかたどった全十七アイテム。ほぼ原寸大で、実物から型をとり、しわや産毛、くぼみなどもリアルに表現しています。実が取りだせる落花生、振るとカラカラ音が鳴るピスタチオなど、置いて眺めるだけにとどまらない楽しさも魅力です。また、彫刻家・はしもと みおさんと製作した動物シリーズもあり、現在は「ねこ」と来年の干支である「子(ねずみ)」の二種類を販売。木彫りの“のみ跡”までも再現し、温かみのある仕上がりです。順次十二支を製作していく予定なので、十二支の最初の子年から集めてはいかがでしょうか。

もちろんジュエリーも充実の品ぞろえです。中でもメンズジュエリーのバリエーションは群を抜いており、紳士の愛用者も多いのです。

資産として持つ、ジュエリーとして身につける、オブジェとして眺める。ゴールドに関することいっさいを任せられるのが、ギンザタナカです。

(撮影:大森ひろすけ)



※銀座百点は1冊からでもご購入が可能です。
お申し込み方法は、切手にて1冊348円として、ご希望の号・部数・お名前・ご住所をご記入の後、代金分の切手を同封の上、下記の宛先までお送り下さい。ただし切手は500円以下のものをご利用下さい。
送付先 〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目8番20号 銀座コアビル8階
お問い合わせ TEL:03-3571-6860

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2019 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会