銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(9件)


團菊祭五月大歌舞伎 歌舞伎座
開催期間:5月3日〜27日/Tel:3545-6800
昼の部「梶原平三誉石切」「吉野山」「魚屋宗五郎」/夜の部「壽曽我対面」「伽羅先代萩」「弥生の花浅草祭」
出演・菊五郎、海老蔵、梅玉、左團次、時蔵、楽善ほか
初代楽善、九代目彦三郎、三代目亀蔵、六代目亀三郎を襲名して披露する「梶原平三誉石切」「壽曽我対面」など。

「滝沢歌舞伎2017」 新橋演舞場
開催期間:〜5月14日/Tel:3541-2600
出演・滝沢秀明、三宅健ほか
12年目を迎え、上演回数通算600回を達成する。

東京観世会公演 観世能楽堂
開催期間:5月27日/Tel:6274-6579
出演・津村聡子、松木千俊
ベテランの能楽師による「賀茂」「松虫」の2演目。

「Bridge of the Rainbow―世界の子どもたちが笑顔でありますように―」 博品館劇場
開催期間:5月13日・14日/Tel:3571-1003
出演・川平慈英、本間憲一、藤浦功一、平澤智ほか
パワフルかつ爽快なタップのショー。ネパールの国民的音楽家とのコラボレーションも披露するチャリティー公演。

「レ・ミゼラブル」 帝国劇場
開催期間:5月25日〜7月17日/Tel:3213-7221
出演・福井晶一/ヤン・ジュンモ/吉原光夫ほか
日本初演から30周年となる記念公演。主要キャストはダブル・トリプルキャストで、組み合わせを楽しめる。

「ジャニーズ銀座2017」 シアタークリエ
開催期間:4月29日〜6月4日/Tel:3591-2400
出演・ジャニーズJr.ほか
ジャニーズ事務所の若手メンバーが日替わりで登場。

「グレート・ギャツビー」 日生劇場
開催期間:5月8日〜29日/Tel:3503-3111
出演・井上芳雄、夢咲ねね、広瀬友祐、田代万里生ほか
20世紀の文学史における傑作を小池修一郎がミュージカル化し、新鮮なキャストで上演する。

バロック・ライヴ劇場 第7回公演 ル・ポエム・アルモニーク 銀座王子ホール
開催期間:5月23日/Tel:3567-9990
出演・ル・ポエム・アルモニーク
スペイン音楽を中心とした声楽と古楽のアンサンブル。

宝塚歌劇星組公演 東京宝塚劇場
開催期間:5月5日〜6月11日/Tel:0570-00-5100
「スカーレット ピンパーネル」
紅ゆずる主演。大ヒットミュージカルが、新トップコンビを中心とした新生星組により7年ぶりに宝塚歌劇の舞台によみがえる。名曲の数々とともに、冒険活劇としてのおもしろさ、すれ違う夫婦の心理描写をドラマチックに描く。


画廊案内(8件)

第734回デザインギャラリー1953企画展「プロダクトの絶滅危惧種 琺瑯」
デザインギャラリー1953
開催期間:〜5月15日/Tel:3561-2572
かつて主婦が憧れ、キッチンで大活躍した琺瑯(ほうろう)製品。職人による技術や特徴を紹介する。プロダクトデザインもあわせて展覧し、琺瑯の価値を再発見する試み。

椿会展2017 ―初心―
資生堂ギャラリー
開催期間:〜5月28日/Tel:3572-3901
今年で70周年を迎える「椿会」。第7次メンバーの赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子、島地保武らによる、5回目にして最後の展覧会。

和光70年記念 リモージュボックス展 ―リモージュ街めぐり―
和光ホール
開催期間:5月4日〜14日/Tel:3562-2111
2年ぶりの展覧会となる今展のために用意した大型ボックスや、和光の建物がモチーフの新作を展示する。絵付けの魔術師・パトリック・オドヴァール氏の優しく華やかな作品が揃うほか、同氏による絵付けの実演も行う予定。

西林佳寿子 ジュエリー展
ACギャラリー
開催期間:5月7日〜13日/Tel:3573-3676
ドイツと千葉を活動の拠点に、板状のシルバーで折り紙のような形状のジュエリーを制作してきた作家。本展では新たな素材に挑戦。チタニウムのブレスレット、アメジストやシトリンを用いた宝石のリングなどを出品する。

Square展[30×30cmの正方形展]
ギャラリー58
開催期間:5月8日〜20日/Tel:3561-9177
30センチメートル四方、奥行き自由という規定のサイズで、46名の作家が新作を各1点ずつ展示。絵画、版画、金属など、あらゆる表現を用いた正方形の世界が広がる。若手・ベテランの隔たりなく50音順に並ぶ展示方法にも注目。

第2回みずえの会展
森田画廊
開催期間:5月8日〜20日/Tel:3563-5935
東京藝術大学在校生(博士)と、卒業した若手女性作家7名による日本画展。個性豊かなみずみずしい感性が競いあうグループ展。

歳嶋洋一朗展
日動画廊
開催期間:5月9日〜22日/Tel:3571-2553
1998年昭和会賞受賞作家の3年ぶり8度目となる発表。一貫して現場主義をとおす稀有な作家が、欧州の水辺の風景を中心に、時間とともに移ろいゆく色彩や光を描きとった40余点の新作を展覧。

小泉元生展
ギャラリームサシ
開催期間:5月29日〜6月4日/Tel:3564-6348
「現場主義」の第一人者といわれるたび、「絵描きなら当然」とどこ吹く風で、今日も大地のイーゼルに向かう。一水会の重鎮の風景画からは風の音、波の音が聞こえる。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2017 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会