銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(9件)


六月大歌舞伎 歌舞伎座
開催期間:6月2日〜26日/Tel:3545-6800
昼の部「名月八幡祭」「浮世風呂」「御所桜堀川夜討」/夜の部「鎌倉三代記」「曽我綉俠御所染」「一本刀土俵入」
出演・幸四郎、吉右衛門、仁左衛門、雀右衛門ほか
仁左衛門が御所五郎蔵、雀右衛門が傾城皐月を演じる「曽我綉俠御所染」など見ごたえのある演目。

「東京喜劇 熱海五郎一座 消えた目撃者と悩ましい遺産」 新橋演舞場
開催期間:6月2日〜27日/Tel:3541-2600
出演・三宅裕司、渡辺正行、ラサール石井、藤原紀香ほか
三宅裕司が座長をつとめるシリーズ第4弾は、ゲストに藤原紀香を迎えた大爆笑のエンターテインメント作品。

観世会定期能 観世能楽堂
開催期間:6月4日/Tel:6274-6579
出演・観世清和、観世喜之、岡久広
当代家元による「熊野」ほか「藤戸」「鵺」を上演する。

「ハワイアンナイト 銀座博品館 in ムーンライトクルージング ホノルル〜東京」 博品館劇場
開催期間:6月14日/Tel:3571-1003
出演・浅井愼平、近衛里帆、白石信、小出茂ほか
ハワイアンミュージックとフラダンスを満喫できる一夜。

「レ・ミゼラブル」 帝国劇場
開催期間:〜7月17日/Tel:3213-7221
出演・福井晶一/ヤン・ジュンモ/吉原光夫ほか
6月11日〜17日は日本初演30周年スペシャルウイーク。

「CLUB SEVEN -ZERO-」 シアタークリエ
開催期間:6月8日〜22日/Tel:3591-2400
出演・玉野和紀、吉野圭吾、香寿たつき、蘭乃はなほか
一期一会の豪華キャストを揃えた新しい感覚のショー。

「NISSAY OPERA 2017『ラ・ボエーム』」 日生劇場
開催期間:6月18日・24日/Tel:3503-3111
出演・砂川涼子/北原瑠美、宮里直樹/樋口達哉ほか
園田隆一郎指揮、伊香修吾演出のオペラ全4幕。

第8回 ICEPネパール/日本 活動報告コンサート 五嶋みどり&Young Artists 銀座王子ホール
開催期間:6月22日/Tel:3567-9990
出演・五嶋みどり、ウェンホン・ルオほか
ネパールを訪問した活動報告と弦楽四重奏。

宝塚歌劇雪組公演 東京宝塚劇場
開催期間:6月16日〜7月23日/Tel:0570-00-5100
「幕末太陽傳」「Dramatic “S”!」
鬼才・川島雄三監督の名作映画が宝塚の舞台によみがえる。実在した遊郭を舞台に、生への活力がみなぎる中に憂いが漂う人情喜劇と、“S”をキーワードに繰り広げる「Song&dancing Show」。おもな出演は早霧せいな、咲妃みゆ。


画廊案内(8件)

JAGDA新人賞展2017 玉置太一・三澤遥・八木義博
クリエイションギャラリーG8
開催期間:〜6月29日/Tel:6835-2260
デザイナーの登竜門であるJAGDA新人賞。35回目となる今回、145名の中から選ばれた3名の若手デザイナーによるポスター・小型グラフィックを中心とする近作を展示。

野崎慎展 ―花に想う―
ギャラリー広田美術
開催期間:5月26日〜6月10日/Tel:3571-1288
「生命の根源」をテーマとする若手作家・野崎慎(ちか)が、身近な草花や自然を静かに見つめることで感じた生命の美への想いを描き出す。大作を含む約10点の展示を予定。

第11回shiseido art egg 吉田志穂展
資生堂ギャラリー
開催期間:6月2日〜25日/Tel:3572-3901
毎年3人の新進アーティストを選抜し、活動支援を行う公募展。1人目の展示となる本展では、作家自ら撮影した写真やウェブ上に存在するイメージを織りまぜたインスタレーション、約20点の作品を展示予定。

入江観展
日動画廊
開催期間:6月8日〜21日/Tel:3571-2553
1971年第6回昭和会展優秀賞受賞作家による、9年ぶりの大きな展覧。森の湖畔、樹木の小路など、陽光輝く青空と美しい緑を主題とした大作から小品まで約40点の近作を展示。

バシリス・パパニコラウ展
ガレリア・グラフィカbis
開催期間:6月12日〜24日/Tel:5550-1335
ギリシャ人画家による日本では2回目の個展。海岸には松を思わせる不思議な樹の葉が垂れ下がり、その向こうには美しいエーゲ海が広がる。雄大なギリシャの風景や室内を卵テンペラで描いた作品を展観する。

金工の深化 -Evolution of Metal Works-
和光ホール
開催期間:6月16日〜25日/Tel:3562-2111
金属造形の分野において個性を発揮する4名の若手作家(相原健作、坂井直樹、満田晴穂、加藤貢介)による展覧会。高度な技術力と独創性により生み出されたオブジェや器など150余点を展観。17日14時から唐澤昌宏氏(東京近代美術館工芸課長)を迎え、作家とのトークを開催。

小柳吉次展
ギャラリームサシ
開催期間:6月19日〜25日/Tel:3564-6348
モンゴルの大草原の油彩をライフワークとする一方、ボタニカルアートの第一人者でもある小柳氏。油彩とボタニカルのハーモニーの妙を堪能いただく1週間。二紀会理事。

書 石井明子・織 故吉岡洋子姉妹展
銀座かねまつホール
開催期間:6月19日〜25日/Tel:3573-5285
姉妹二人が続けてきた、かな書道と織の作品を合わせて展覧する近作展。表現方法は違っても、姉妹の根底に流れる調和が見もの。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2017 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会