銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(9件)


六月大歌舞伎 歌舞伎座

開催期間:6月2日~27日/Tel:3545-6800
第一部「菅原伝授手習鑑 車引」「猪八戒」/第二部「信康」「勢獅子」/第三部「与話情浮名横櫛」
出演・白鸚、仁左衛門、梅玉、玉三郎、松緑、猿之助ほか
「信康」は染五郎が徳川信康、白鸚が家康を勤める。仁左衛門と玉三郎の「与話情浮名横櫛」は名台詞満載の人気演目。

熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第8弾 東京喜劇「任侠サーカス~キズナたちの挽歌~」 新橋演舞場
開催期間:5月29日~6月26日/Tel:3541-2600
出演・三宅裕司、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛ほか
今回はゲストに浅野ゆう子と塚田僚一(A.B.C-Z)を迎える。

観世会定期能 観世能楽堂
開催期間:6月5日/Tel:6274-6579
出演・片山九郎右衛門、観世恭秀、善竹十郎ほか
能「楊貴妃 甲之掛 臺留」「鉄輪 早鼓之伝」、狂言「鏡男」、仕舞「芦刈」「自然居士」「芭蕉」「猩々」を上演する。

「ベイビーブー 5人で歌うラブソング~銀座で恋の物語~」 博品館劇場
開催期間:6月3日~5日/Tel:3571-1003
出演・ベイビーブー
デビュー20周年記念ライブで美しいアカペラを披露する。

「GUYS AND DOLLS」 帝国劇場
開催期間:6月9日~7月9日/Tel:3213-7221
出演・井上芳雄、明日海りお、浦井健治、望海風斗ほか
傑作ミュージカルを豪華キャストで上演。禁酒法時代のニューヨークを舞台に、2組のカップルの恋の行方を描く。

ミュージカル「CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~」 シアタークリエ
開催期間:6月7日~30日/Tel:3591-2400
出演・中川晃教、相葉裕樹/水江建太、早川聖来ほか
劇作家・藤沢文翁と作曲家・村中俊之のオリジナル作品。

NISSAY OPERA 2022「セビリアの理髪師」 日生劇場
開催期間:6月11日・12日/Tel:3503-3111
出演・中井亮一/小堀勇介、富岡明子/山下裕賀ほか
躍動感あふれる音楽と演出で描くロッシーニの名作喜劇。

「サンドリーヌ・ピオー&エリック・ル・サージュ~夢想のおもむくところ Chimère~」 銀座王子ホール
開催期間:6月23日/Tel:3567-9990
出演・サンドリーヌ・ピオー、エリック・ル・サージュ
フランスのソプラノ歌手による7年ぶりのリサイタル。

宝塚歌劇星組公演 東京宝塚劇場
開催期間:6月18日~7月24日/Tel:0570-00-5100
『めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-』『Gran Cantante(グラン カンタンテ)!!』礼真琴主演。人気作品リバイバル第3弾。架空の王国を舞台に個性豊かな人々が繰り広げるラブコメディーと、スペインの祭りがテーマの華麗なレビュー。


画廊案内(8件)

瀧本光國「相から相」

東京画廊+BTAP
開催期間:~6月25日/Tel:3571-1808
ミラノで豊福知徳に師事して以来、伝統技法を守りながら、一貫して木彫の作品を制作し、仏像修復家としても活動する作家。著名なアーティストたちの作品イメージを引用した「彫相」は、木の彫り跡がリアリティーを表現する。

佐藤卓 TSDO 展 <in LIFE>
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
開催期間:~6月30日/Tel:3571-5206
デザインの可能性を切り拓いてきた佐藤卓率いる“TSDO”。今展では、自発的に制作してきた作品とTSDOとして関わってきたデザインの仕事を“in LIFE”、すべて当たり前の生活の中にあるという意味を込めて、対比的に展示する。

写真展「新ばし」 
ライカ GINZA SIX
開催期間:~8月18日/Tel:6263-9935
写真家・大門美奈が新橋芸者衆をライカで撮影した写真展。モノクロームで表現された写真13点を展示。普段見ることのできない、艶やかで趣深い新橋花柳界の風景。

「神戸智行展 ―尊きもの―」 

ギャラリー広田美術
開催期間:5月27日~6月11日/Tel:3571-1288
身近な自然に目を向け、生命の営みを描いた「イノセント・ワールド」シリーズで注目を集め、国内外で活躍する画家。6年ぶりとなる個展では、約10点の新作を展示予定。

ジャン=ピエール・カシニョール展
ギャルリーためなが
開催期間:5月28日~6月19日/Tel:3573-5368
1964年、当時無名だったカシニョールの才能を画廊創設者・爲永清司は見いだし、支援を続けてきた。華麗な色彩とエレガントな雰囲気でたたずむ女性を優美に描き出し、今や世界で愛され続けている作家の作品約40点を展観する。

横田美晴 画集刊行記念展
靖山画廊
開催期間:6月10日~18日/Tel:3546-7356
幼い日に触れていた自然や空想の物語。そんな少女時代の原風景が横田のロマンチックな作品を生み出している。だれもが持つ経験が源流にあるからこそ、ノスタルジックなときめきを思い起こさせ、多くの人に愛されるのだろう。

ムサシ今昔展 ―ムサシの昭和 そのあとさき―
ギャラリームサシ
開催期間:6月8日~7月2日/Tel:3564-6348
江戸は弘化創業の和家具屋「丸徳武蔵屋」を前身とするムサシ。150年目に画廊に転身、今に至る。7代180年にわたる歴史の中で、転身前夜に焦点を当て、昭和の和家具屋時代の家具調度類を展示。ムサシのDNAに迫る3週間。

井上萬二白磁展 ―悠遊と―
セイコーハウス銀座ホール
開催期間:6月23日~7月3日/Tel:3562-2111
重要無形文化財「白磁」保持者である井上萬二氏。昨年開窯50年を迎え、卒寿を超えてさらに作陶に情熱を注ぐ。「白磁丸形壺」をはじめ、卓越したろくろの技と白磁の美しさが調和する花器や香炉、食の器など約100点を展観。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2022 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会