銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(8件)


三月大歌舞伎 歌舞伎座
開催期間:3月3日〜27日/Tel:3545-6800
昼の部「明君行状記」「義経千本桜」「神楽諷雲井曲毬」/夜の部「引窓」「けいせい浜真砂」「助六由縁江戸桜」
出演・幸四郎、仁左衛門、雀右衛門、海老蔵ほか
仁左衛門が知盛を演じる「義経千本桜」や、海老蔵が助六、雀右衛門が揚巻を演じる歌舞伎十八番の「助六由縁江戸桜」など、春らしく華やかな演目が揃う。

ブロードウェイ・ミュージカル コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》 新橋演舞場
開催期間:3月4日〜28日/Tel:3541-2600
出演・片岡愛之助、内博貴、平野綾ほか
宮本亜門演出。舞台は古代ローマから江戸へ。陽気な奴隷スードラスが自由の身を求め、奮闘する姿を描く。

「Color of Life」 博品館劇場
開催期間:3月2日〜5日/Tel:3571-1003
出演・上口耕平、AKANE LIV
画題を見失った画家と、恋人と死に別れたばかりの女優が偶然出会い、二人の世界が変わり始める。

「Endless SHOCK」 帝国劇場
開催期間:〜3月31日/Tel:3213-7221
出演・堂本光一、屋良朝幸、石川直、前田美波里ほか
堂本光一が座長・主演・演出を務めるミュージカル作品シリーズの、帝国劇場での上演1500回達成記念公演。

「THE Sparkling Voice-10人の貴公子たち-」 シアタークリエ
開催期間:3月9日〜15日/Tel:3591-2400
出演・涼風真世、真琴つばさ、石川禅、泉見洋平ほか
宝塚元男役スターが「男歌」を、男性ヴォーカリストは「女歌」を披露する夢のような競演。

「音楽劇 マリウス」 日生劇場
開催期間:3月6日〜27日/Tel:3503-3111
出演・今井翼、瀧本美織、林家正蔵、柄本明ほか
山田洋次脚本・演出。舞台は1931年のフランス、マルセイユ。地中海の港町で起こる小さな愛の物語。

東京シンフォニア 〜ハイドン セレナーデ〜 銀座王子ホール
開催期間:3月15日/Tel:3567-9990
出演・東京シンフォニア
ロバート・ライカー指揮。ハイドン「弦楽のための交響曲 ト長調 Op.47より」ほか全3曲を披露。

宝塚歌劇月組公演 東京宝塚劇場
開催期間:〜3月26日/Tel:5251-2001
「グランドホテル」「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
珠城りょう主演。1928年のベルリンを舞台に、高級ホテルを訪れた人々が繰り広げる、さまざまな人生模様を描くミュージカルと、優美な華やかさの中にも迫力のあるダンス場面を織りまぜた、世界を巡るパワフルなレビュー。


画廊案内(8件)

mintdesigns/graphic&textile works 2001-2017展
クリエイションギャラリーG8
開催期間:〜3月25日/Tel:6835-2260
「衣服を一種のプロダクトデザインとして確立」するというコンセプトを掲げ、ファッションの領域を広げ続けてきたミントデザインズ。独創的な世界観を3つの空間で表現する。

「吉岡徳仁 スペクトル ―プリズムから放たれる虹の光線」展
資生堂ギャラリー
開催期間:〜3月26日/Tel:3572-3901
自然と人間の関係性に着目し、光がもたらす感覚を追求して独自の手法で作品を表現してきた吉岡氏。本展では、プリズムから放たれる虹の光線による、神秘的な光を体感する新作「スペクトル」のインスタレーションを展示。

大森輝秋遺作展
ギャラリームサシ
開催期間:2月27日〜3月4日/Tel:3564-6348
二紀会の準会員として、また東京手書き友禅の染色工芸家として、その日まで創作意欲を燃やし続けた作家の、ありし日の姿を偲ぶ。未発表作品を含む30数点を展示。

―画業50年の歩み― 村居正之日本画展
和光ホール
開催期間:3月3日〜12日/Tel:3562-2111
和光で7年ぶり8回目の個展。岩絵具「群青」を駆使し、豊かで深みのある独自の世界を描く。半世紀を迎える代表作のほか、南仏の村や日本の風景・風物を題材とした新作を含む50点を展観。

才村啓展 ―光への憧憬―
ギャラリー一枚の繪
開催期間:3月13日〜25日/Tel:3575-0123
大阪芸術大学出身で池田清明に師事した作家は昨年、日展で特選を受賞し、画家としてのキャリアを一歩前進。すがすがしい空気や一瞬の光を捉えた油彩の風景画を展覧。

美浪恵利展・福島万里子展
日動画廊
開催期間:3月14日〜24日/Tel:3571-2553
日動画廊主催の公募展「昭和会展」受賞者による個展を同時開催。美浪はモチーフの多彩な表情を表現。福島は現代を生きる女性像の生命感あふれるさまを描き出す。

銀座「むら田」村田あき子さんのきもの365日展
銀座煉瓦画廊
開催期間:3月20日〜25日/Tel:3542-8626
きもの愛好家が憧れる村田あき子さんの、仕事の場でも晴れの席でもさり気ない「着こなし」のコツとは。自身で染めた着物・帯・染額・帯揚げ・小物なども展示販売。ギャラリートーク「私のきもの365日」は24日16時開催、定員30名で、事前にお申し込みが必要です。

目黒礼子「実験室」展
REIJINSHA GALLERY
開催期間:3月24日〜4月7日/Tel:6215-6022
一昨年に開催した目黒礼子個展の第2弾。不気味にも映る骸骨、標本、試験管など作家にとってのマストアイテムが勢揃い。この世とあの世をつなぐ物語を、愛をこめて紡ぐ。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2017 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会