銀座百点 トップへ戻る
今月の目次 今月の劇場/画廊 GINZA拝見 もう一度読みたい 表紙ギャラリー 定期購読 銀座俳句 年表 銀座百店会

今月の劇場・画廊のご案内


劇場画廊

劇場案内(9件)


四月大歌舞伎 歌舞伎座
開催期間:4月2日〜26日/Tel:3545-6800
昼の部「醍醐の花見」「伊勢音頭恋寝刃」「一谷嫩軍記」/夜の部「傾城反魂香」「桂川連理柵」「奴道成寺」
出演・藤十郎、幸四郎、吉右衛門、猿之助ほか
幸四郎が熊谷次郎直実を勤める「一谷嫩軍記」、吉右衛門が浮世又平を勤める「傾城反魂香」など充実の演目。

「滝沢歌舞伎2017」 新橋演舞場
開催期間:4月6日〜5月14日/Tel:3541-2600
出演・滝沢秀明、三宅健ほか
12年目を迎え、上演回数通算600回を達成する。

観世能楽堂開場記念公演 観世能楽堂
開催期間:4月20日〜30日・5月6日/Tel:5778-4380
出演・観世清和、観世銕之丞、山階彌右衛門ほか
20日〜24日に祝賀能の「翁」「鶴亀」「高砂」、27日〜30日・5月6日に日賀寿能の「菊慈童」など開場を祝う演目。

「Bugs Under Groove 15th anniversary show 男祭り!!」 博品館劇場
開催期間:4月12日〜16日/Tel:3571-1003
出演・Bugs Under Groove、中河内雅貴ほか
ダンス界の熱い男たちと日替わりゲストによるショー。

「王家の紋章」 帝国劇場
開催期間:4月8日〜5月7日/Tel:3213-7221
出演・浦井健治・新妻聖子/宮澤佐江ほか
昨夏好評を得たミュージカルの再演。古代エジプトを舞台に、美しいファラオと現代の少女の時空を超えた愛を描く。

「キューティ・ブロンド」 シアタークリエ
開催期間:〜4月3日/Tel:3591-2400
出演・神田沙也加、佐藤隆紀、植原卓也、樹里咲穂ほか
大ヒットしたキュートでハッピーな映画のミュージカル化。

「紳士のための愛と殺人の手引き」 日生劇場
開催期間:4月8日〜30日/Tel:3503-3111
出演・市村正親、ウエンツ瑛士/柿澤勇人ほか
トニー賞受賞の新作ミュージカルが日本初上陸。市村正親が殺される8人を演じ分けるコメディー。

ギンザ・ブックカフェ・コンサートVol.3 堀江敏幸×大萩康司 銀座王子ホール
開催期間:4月29日/Tel:3567-9990
出演・堀江敏幸、大萩康司、浦久俊彦
トーク、ギターコンサート、クロストークの3部構成。

宝塚歌劇宙組公演 東京宝塚劇場
開催期間:3月31日〜4月30日/Tel:5251-2001
「王妃の館―Château de la Reine―」「VIVA!FESTA!」
朝夏まなと主演。ルイ14世が残した「王妃の館」を舞台に、個性豊かな登場人物による人間模様をコミカルに描く浅田次郎原作のミュージカルと、世界各地のFESTA(祭り)をテーマにしたパワーみなぎるスーパー・レビュー。


画廊案内(8件)

李鎮雨―森の奥で展
東京画廊+BTAP
開催期間:〜4月15日/Tel:3571-1808
1959年韓国生まれの作家による日本初個展。作品の題材は伊・ストロンボーリ島で見た火山の噴火。炭をまいた上に韓紙を乗せ鉄のブラシで叩き、特有の質感をもつモノクロの画面をつくる。「無題」シリーズの新作約8点を発表。

荒井澄子 傘寿記念展
ギャラリームサシ
開催期間:3月27日〜4月1日/Tel:3564-6348
まだプロペラ機が珍しくなかったころ、単身で秘境を旅した大和撫子が傘寿を迎えた。インカ、エジプト、イースターの油彩画を展覧。傘寿と遺跡、発想の妙。

大原裕行水彩展 ―暮らしの雑記帖―
ギャラリー一枚の繪
開催期間:3月27日〜4月8日/Tel:3575-0123
新作の水彩画約30点を展観する。身近なモチーフである“庭”をテーマに、樹木や草花、猫、そこで過ごすひとときや自然の恵みなど、安らぎを感じる対象を描き出す水彩展。

井手康人新作展 バリへの扉
ナカジマアート
開催期間:3月30日〜4月12日/Tel:3574-6008
インドネシア・バリ島の伝統文化に魅せられた日本画家による新作展。バリの伝統文化と日本画を融合させ、新たな東洋の美に挑戦した新作約10点の作品を展示する。

工芸・Kôgeiの創造 ―人間国宝展―
和光ホール
開催期間:4月1日〜16日/Tel:3562-2111
陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、それぞれの工芸分野における人間国宝総勢40名による展覧会。継承された優れた技術に加え、各人が豊かな発想でつくり出した大作から小品まで、現代の生活空間を彩る至高の優品を展観する。

三岸節子 火の鳥展
高輪画廊
開催期間:4月3日〜15日/Tel:3571-3331
「火の鳥」の連作を初めて展示するほか、鳥が描かれている作品が一堂に会する。

堀研展―大地の鼓動―
日動画廊
開催期間:4月11日〜24日/Tel:3571-2553
昭和会賞受賞作家による7年ぶり8度目の発表。大木や滝の流れを主題に生命観あふれる大胆な構図で描く。力強さの中に、生きることの無情さや命の儚さを問う繊細な心象を感じさせる。150号の大作から小品まで約50点を展覧。

平松礼二展「フランス・ノルマンディとジャポン・江戸―交差する光―」
ギャラリー桜の木
開催期間:4月16日〜30日/Tel:3573-3313
近年とみに海外での評価が目覚ましい平松礼二が、日本画家としての視線を通して描くモネへのオマージュ。印象派が獲得した光を、日本の装飾美・様式美の象徴である金地を背景に描く新作展。

このページのTOP

HOME目次劇場/画廊GINZA拝見読みたい表紙ギャラリー定期購読銀座俳句年表百店会紹介マップ店名
Copyright(c)2017 Ginza Hyakuten Organization. 銀座百店会